ウーバーイーツ配達員のバッグはどう使う??専用バッグを大研究 | 働こう!ウーバーイーツ情報局

ウーバーイーツ配達員のバッグはどう使う??専用バッグを大研究

虫眼鏡疑問研究 働く準備

虫眼鏡疑問研究

ウーバーイーツの配達パートナーが必ず持っているのが、専用の配達バッグです。パートナーセンターで本登録を済ませると貸し出してもらうことができます。万が一パートナーセンターにバッグの在庫がない場合は、後日郵送で自宅に送られてきます。
街中で見かけることも多くなったウーバーイーツの配達バッグですが、無料なのか?どんな使い方をするのか?緑や黒の色の違いについてなど、ウーバーイーツの配達専用バッグについて詳しく紹介します。

●配達専用バッグはリース品

ウーバーイーツの配達で使用するバッグは、ウーバーイーツからのリース品です。レンタル料として配達で発生した報酬から毎週最大2000円、合計8000円が引かれます。もちろん報酬が0円だった週は引かれることはなく、合計8000円になるまで引かれる仕組みになっています。

あくまでも預り金であり、配達パートナーを辞めるときにバッグを返却すると全額返金されます。ただし、バッグを紛失してしまったり、返却をしないと返金されないので注意が必要です。

●専用のバッグを必ず使用しなければならないのか?

ウーバーイーツの配達員はいわゆる個人事業主です。ウーバーイーツに雇用されているわけではありません。

そこで考えるのが、ウーバーイーツの専用の配達バッグを使用しなければならないのか?という疑問ではないでしょうか。中にはウーバーイーツのロゴが書かれたバッグを背負って配達をしたくないという人もいるでしょう。

○専用のバッグは強制ではない!でも・・・

ウーバーイーツでは配達に必ず専用のバッグを使用することを強制していません。もちろんエリアごとに異なる場合もありますが、必ずというわけではないようです。

ですが、ユーザーの中には専用の配達バッグを使用していないことで、BAD評価をつける人もいることから、この辺りは自己責任となります。BAD評価が増えると最悪の場合にはパートナーアカウントが停止されてしまう可能性もあるので注意が必要です。

●なぜ緑と黒があるのか?

まずはバッグのカラーについてです。現在、ウーバーイーツの配達員が使用しているバッグには緑のバッグと黒のバッグがあります。

それぞれ緑バッグ、黒バッグと呼ばれ、より使いやすいように細かなマイナーチェンジが行われています。基本的にはバッグを支給されるときに色などを選ぶことはできず、パートナーセンターの在庫次第となります。

○事業開始当初からあるのが黒バッグ

黒バッグはウーバーイーツが日本に上陸した当初からあるバッグです。ウーバーイーツが日本で事業を開始した当初から配達パートナーとして働いている人が持っている傾向があります。

○配達員の声が反映されているのが緑バッグ

緑バッグは実際に配達を行う配達パートナーの声が反映されているバッグです。黒バッグに比べるとバッグ自体が軽く、中板をカスタマイズすることもできます。また蛍光色なので夜間の配達でも安心です。

●バッグが壊れたら交換してくれる

配達をこなすとどうしても擦れてしまったり、時にはバッグが破損してしまうこともあります。そんな時はパートナーセンターに持ち込むと新しい配達バッグに交換してもらうことができます。

●届ける商品によっては工夫が必要なことも!!

バッグの中には仕切りがついていたり、フックがついていたりするものもあることから、そのまま商品を入れても中身がこぼれないものもあります。

ですが、届ける商品によってはコーヒー一杯など小さなものもあることから、デフォルトのままだとこぼれてしまう可能性も高くなります。そんな時はタオルや仕切りボックスを用意するなど自分なりに工夫しなければならないこともあります。

またユーザーへの印象を良くするため、衛生面に配慮してタオルや仕切りボックスは清潔なものを使用しましょう。

●まとめ

ウーバーイーツの配達に便利に利用することができるのが、専用の配達バッグです。他のバッグを使用するという手もありますが、評価や使い勝手の良さなどを考えると専用のバッグの方が何かと使い勝手もよいでしょう。

リース料はあくまでもデポジットなので、返却をすれば実質無料で使用することができます。

コメント